空き家の解体工事をすべし!【メリットが満載】

解体工事

不要な空き家を解体!

建物の老朽化が進んでいて、放置している家屋の処分に困っていませんか。それなら解体工事を実施しましょう。早めに建物の解体をすることで、災害で建物が崩れるなどの心配がなくなりますよ。また、土地を利用した資産運用ができますよ。

業者を選ぶコツを解説!

解体工事業者を探すときには、事前に見積もり書を確認しておきましょう。見積もり書が簡素だったり複雑だったりすると分かりにくいですよね。それによって料金の内訳が分からないのでは意味がありません。そのため、見積もり書を見たときに疑問があったなら、すぐに質問しましょう。また、解体工事の中には、契約書を発行してくれないところがあります。契約書が無いとトラブルに発展したときに困ります。そのため、事前に契約書の発行をしてくれるのかどうかを聞いておきましょう。

料金が安くなる!

大阪以外にも沢山の地域に解体工事の専門業者があります。ですが、どの業者も工事の費用が高いため利用しようか悩む人も多いでしょう。そんなときには、建物の中に入っている鉄骨などの金属スクラップを買い取ってくれる業者を利用するのがお勧めです。そういったところを利用することで、通常よりも施工金額が安くなりますよ。

[PR]
名古屋にある解体工事の専門業者
相談前に施工事例をチェック☆

空き家を解体するメリットって?

  • 土地を有効活用できる
  • 建物管理の手間が省ける
  • 災害に対するリスクが少なくなる
  • 罰金を請求させる心配がなくなる

業者にも種類がある!

一口で解体工事業者といってもさまざまな種類があります。それらを事前に知っておけば、業者選びがスムーズに進められますよ。また、営業形態によって料金が変動するので注意しておきましょう。

専門業者の種類と特徴を知っておこう!

解体工事と収集運搬を対応

重機で建物を壊した後、廃棄物をダンプで処理場まで運ぶ業者です。個人経営のところから大手企業まで多いのが特徴なんですよ。また、廃棄物処理法違反を犯してしまってもすぐに業務が再開できる業務形態なため、対応の悪い業者が多いのも特徴です。

収集運搬と中間処理を対応

建物の解体をしたときに出た廃棄物を中間処理場まで運び、分別する仕事です。中間処理をするための施設には広い敷地が必要なんですよ。そのため、個人で経営している場合が少ないのが特徴的です。

解体から仲介処理までを対応

解体業者の中には、建物の解体から中間処理場までを一括で対応しているところもあります。解体用の重機や中間処理施設などを所有しているので、会社としてもとても大きいのが特徴です。ですが、作業を一括管理しているからと言って料金が安くなるわけではありません。そのため、作業形態のみで業者を選ぶとかえって損をしてしまう場合がありますよ。

廃棄物の収集のみを対応

解体工事を行っている業者の中には、解体時に出た廃棄物の収集や運搬のみを対応してくれる業者もあります。そういった業者の多くは解体工事業者として営業しています。また、廃棄物の収集を専門的に行なっている業者は仲介手数料が高い傾向にあるようです。そのため、そういった業者を利用している企業はどうしても施工にかかる費用が高くなってしまいますよ。

工事を一切していない

ネットなどで検索したときに「全国各地どこでも対応します!」などと書いてある業者がいくつかあります。そういった業者のほとんどは、ほかの企業に名前を貸しているだけなので自分達では何もしていません。また、料金や安いところが多いです。そのため、工事の品質が低くなりがちなのが特徴なんですよ。

[PR]
解体工事を迅速に対応
見積もり依頼をしてみよう

[PR]
大阪の業者に住宅解体を依頼
施工価格を問い合わせよう