肌のくすみを改善して明るく綺麗な肌を手に入れよう

成分と化粧品の種類

鏡を見る女の人

肌に赤みのあるニキビ跡があるときは、肌トラブルが起きている証拠なので、早急に治療するべきです。その治療法には化粧品の使用が効果的です。化粧品の中でもビタミンc誘導体が配合されているものは赤みのあるニキビ跡を治すのに高い有用性があります。それというのも、赤みのあるニキビ跡というのは、肌の奥深くで炎症が起きているのですが、その炎症抑制効果があるのがビタミンcというわけです。ただし、ビタミンcは化粧水に配合しにくい成分なので、ビタミンc誘導体に変えてから配合されることがあります。そのため、ビタミンc誘導体といってもその効果はビタミンcと同じ効果になります。化粧水、美容液、クリーム、乳液、などいろいろな化粧品がありますが、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

ビタミンc誘導体以外にもコラーゲンやセラミドなどの成分が配合されている化粧品もおすすめです。これらの有効成分は高い保湿力があるからです。これで赤みのあるニキビ跡を解消するとともに美肌ケアにもなります。これによって若々しい肌も手にすることができるので、治療とともに効率的なスキンケアを同時に行うことができて一石二鳥になります。また、特に敏感肌の人や乾燥肌の人にはこの保湿成分が必須成分になりますので、しっかりと肌に浸透させましょう。この場合は、美容液よりもクリームや乳液タイプのものを使うと良いでしょう。これらは美容液よりもゆっくりと時間をかけて浸透しますので、肌に強い刺激となってあらわれることはないからです。