解体現場のトラブル撲滅を目指して~安全第一主義~

命に関わる

重機を使って建物を解体する工事は、危険と隣り合わせです。ときに命を奪うような事故も起こっています。細心の注意を払って工事を進めていく必要があるでしょう。

解体工事でよくあるトラブル

騒音

重機での作業はかなりの騒音となります。日常生活に支障が出るといったクレームも多いです。

粉塵

土埃や細かい粉塵が舞って、窓を開けられない、咳など健康被害が出るといったケースも少なくないです。

振動

解体作業現場の近くでは、振動も伝わってくるといいます。人間だけではなくペットにも影響が出るなど心配です。

交通

工事の内容によっては、道路が使用しにくくなったり、迂回が必要になったりするなど交通の便が悪くなります。

解体現場のトラブル撲滅を目指して~安全第一主義~

解体工事

トラブルを把握する

古い建物は倒壊すると危険ですし、新しい建物を建てるためにも、いつかは解体・撤去が必要になります。しかし作業に至っては、安全性や環境の面で近隣に迷惑がかかることがあります。トラブルをなくしていくためにも、まずはどのような事例があるかをしっかりと認識していきましょう。

理解してもらうために

大阪ではトラブル回避のために、さまざまな配慮をしている業者があります。周辺の環境を悪化させないために、しっかりとケアをしているのです。また挨拶まわりを徹底するなどしてイメージアップもしてくれます。

信頼関係が大切

近隣の住民のためにも、気持ちよく工事をしてくれるような解体業者を選ぶことが重要になるでしょう。まずは担当者に会って、そのあたりのことを確認してみることが大切です。